SNSでの動画広告


広告といえば、雑誌や新聞、テレビCMだった時代は変わり、今や広告の市場はSNSへ移ってきました。中でも、InstagramやFacebookでの動画広告は、ユーザーの増加に伴い、多くの大手企業も活用するようになっています。動画広告は静止画広告に比べ、閲覧者の目を引き、話題になりやすいこともあり、効果的な広告手法と考えられるようになっているのです。動画広告は、「YouTube」や「ニコニコ動画」「Gyao!」などの動画配信サービスで多く配信されていますが、動画コンテンツに視聴に関する調査によれば、動画広告のうち「視聴した内容を覚えている」と答えた人が最も多かったのはFacebookなどのSNSで配信される広告でした

動画広告さらに、配信する企業側から見ても、SNSでの動画広告配信は効果的であるという調査結果がでています。SNSでの動画配信経験がある企業の約8割が、他の媒体と比較して、目標を上回る効果を出したと答えています。非常に影響力が高い広告であることを、企業も実感しているため、多くの企業が、SNSでの動画広告配信に力を入れているのです。

一方で、SNSで配信される動画広告に不快感をもつユーザーも少なくありません。自分のタイムラインに挿入される形で配信されるSNSでの動画広告は、自分に興味のないものが入った場合には、より不快に感じられやすいのです。各SNSの特色や、配信するターゲットの嗜好などを考慮した上で、適切な内容やテイストの動画広告を制作する必要があります。

このサイトでは、SNSで使われる動画広告について、各SNSの特徴にあわせた制作のポイントと、動画広告を制作会社に依頼する場合のコツについて、紹介します。