動画広告の制作会社

動画広告の制作は、自分でもできます。ですが、より目を引き、話題性がある動画でなければ、効果はありません。コストを抑えるためには自分たちで動画広告を制作をしよう、と考えがちですが、費用をかけても大きな効果が得られる方が、動画広告の目的を果たしているといえるでしょう。

動画制作会社SNSの動画広告の制作会社を選ぶ際、重要なのは、SNS広告についての知識や効果を考慮した上で、構成などを設計する力があるか、です。各SNSの課金方式なども考慮して、構成や各シーンの秒数を考えたり、どこでクリックアクションを起こすか、などの導線もかんがえられた動画広告の構成ができれば、SNSの動画広告の効果は、驚くほどあがります。動画広告をどのように作るかだけではなく、SNS上で誰に、どのように見られるか、を提案してくれる動画制作会社を選びましょう。さらに、動画の構成だけでなく、どんなタイミングでどんな層に配信するか、も提案してくれる制作会社であれば、なお、広告の効果が期待できますね。

SNSの動画広告は、作るだけでなく、配信して効果を出すことが目的です。見積り段階で、撮影して編集するだけなのか、シナリオや配信手法などの企画も提案してくれるのか、確認した上で、信頼できる制作会社を選ぶようにしましょう

主要SNS広告の特徴

日本でSNSといえば、Facebook、Twitter、Instagram。いずれもユーザー数が多いSNSです。各SNSでは、低予算から始められる運用型動画広告を提供しており、その仕様や特徴が異なります。SNSに動画広告を配信する際は、各SNSの特徴を理解した上で、制作しなければ、効果は見込めません。

ユーザーFacebookはメインユーザーが30~40代。タイムラインの中に挿入される形で配信されます。最大2時間の動画配信も可能なので、キャンペーン的に話題性を狙った長時間動画や、テレビCMなどと連動するロングバージョンの動画配信などにも利用されています。縦型の動画にも対応しているため、スマートフォンで閲覧しやすい動画配信ができます。

Twitterのユーザーは10~40代。メインユーザーは10~20代のため、比較的若い層に訴求したい場合に効果的です。Twitterでは、動画広告はプロモツイートとして配信されます。縦型にも対応しているので、スマートフォンで見た場合に見やすくなります。また、ユーザーがリツイートしたことで発生した視聴は課金対象外になり、再生単価が下がるという特徴もあります。

Instagramのユーザーは10~30代。メインユーザーは20~30代の女性です。Instagramの動画広告で効果的なのは、「ストーリー」内の動画広告。画面最上部に表示され、全画面で動画が再生されるため、注目度も訴求力も非常に強い動画広告です。最大60秒の動画がループ再生されるので、ユーザーの関心も引きやすいでしょう。「インスタ映え」という言葉にも代表されるように、印象的でクリエイティブな映像が好まれる傾向があります。

SNSでの動画広告

広告といえば、雑誌や新聞、テレビCMだった時代は変わり、今や広告の市場はSNSへ移ってきました。中でも、InstagramやFacebookでの動画広告は、ユーザーの増加に伴い、多くの大手企業も活用するようになっています。動画広告は静止画広告に比べ、閲覧者の目を引き、話題になりやすいこともあり、効果的な広告手法と考えられるようになっているのです。動画広告は、「YouTube」や「ニコニコ動画」「Gyao!」などの動画配信サービスで多く配信されていますが、動画コンテンツに視聴に関する調査によれば、動画広告のうち「視聴した内容を覚えている」と答えた人が最も多かったのはFacebookなどのSNSで配信される広告でした

動画広告さらに、配信する企業側から見ても、SNSでの動画広告配信は効果的であるという調査結果がでています。SNSでの動画配信経験がある企業の約8割が、他の媒体と比較して、目標を上回る効果を出したと答えています。非常に影響力が高い広告であることを、企業も実感しているため、多くの企業が、SNSでの動画広告配信に力を入れているのです。

一方で、SNSで配信される動画広告に不快感をもつユーザーも少なくありません。自分のタイムラインに挿入される形で配信されるSNSでの動画広告は、自分に興味のないものが入った場合には、より不快に感じられやすいのです。各SNSの特色や、配信するターゲットの嗜好などを考慮した上で、適切な内容やテイストの動画広告を制作する必要があります。

このサイトでは、SNSで使われる動画広告について、各SNSの特徴にあわせた制作のポイントと、動画広告を制作会社に依頼する場合のコツについて、紹介します。